担保の意味

  おまとめ融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系おまとめローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
楽天スーパーローン
アコム
モビット
詳しくはこちら
  不動産担保ローン
  不動産担保ローンでおまとめ
  担保について知ろう
  不動産担保ローンの申し込み
  注意すること
  リンク集
  基本メニュー
  関連リンク集


担保の意味

不動産を担保にするということは、
その建物に抵当権をつけるということですが、ここで、知っておかなければならないことがあります。

まず、家を購入する場合、たいてい住宅ローンを組むと思います。

この住宅ローンも不動産担保ローンの一種で、
購入した家を担保にしているので、もし、払えなくなった場合、その家を手放して、競売にかけることになります


そして住宅ローンを融資した金融機関がお金を回収することになるので、
住宅ローンですでに第1抵当に入っていることになります。

この状態で、さらに不動産担保ローンを組む場合、このローンは第2抵当ということになります。

第2抵当では、競売した際、第1抵当の回収が済んだあとの残額でしかお金を回収できないため、
融資した金額すべてを回収できないことがおこるかもしれません


なので、貸す側にとって理想なのは第1抵当です。

そんなわけで、住宅ローンが終わっていない場合、
不動産担保ローンを組む際に不利になることが考えられますが、住宅ローンの返済がすでに進んでいて、
残債が少ない場合は、抵当にする価値が上がるため、第2、第3抵当でも借りやすくなります。


用途別で探す